ゴールデンカムイだらけ

ゴールデンカムイにおける自分的萌えポイントを書いたり描いたりするブログ。初めての方は「はじめに」をご一読ください。

ゴールデンカムイ同時視聴会 第1弾

第四期アニメ放送を記念して配信された同時試聴会第1弾を観ました。

以下、動画の内容に触れているのでたたみます。

未視聴の方は閲覧ご注意ください。

 

続きを読む

『ゴールデンカムイ』フレグランス レビュー ヴァシリ

お絵描き構図を模索中。

北海道はヴァシリにとっては暖かい地だろうから、頭巾とか帽子とか手袋とか脱いでる時があるかもしれません。

 

予約していたヴァシリの香水が届きました。

これまでの経験と、プリマニアックスさんの調香ならいけると信じて試すことなくポチったヴァシリ香水。

結論から言いますと、いけました。

めっちゃヴァシリです。

 

早速ヴァシリ香水のレビューをしたいと思いますが、その前にattention!!

なんやかんやで手持ちのゴールデンカムイフレグランスは増えてきましたが、残念ながら香水の知識は増えておりません。

相変わらず独断と偏見に満ちた素人感丸出しのレビューになっております。

モノを知らない一個人の感想と薄目でお読みいただき、ご購入の際はぜひ公式サイトやサンプルをご参照くださいね。

 

 

ヴァシリ香水レビュー

予約してから届くまで結構時間があったので、「ヴァシリ香水って一体どんな匂いなのかしら?やっぱり寒い匂いがするのかな?せっけん系ではなさそうだからアシリパさん香水と杉元香水を足して2で割ったみたいな匂いかな?」と色々想像して楽しみにしていました。

実物が届いて嗅いでみると、当たらずといえども遠からず。

寒い匂いはしませんでしたが、やはりせっけん系ではなく環境系でした。

いや環境系って何よってなりますよね。

すみません、私が勝手に名付けてるんですが、「具体的に何の匂いとは言えないけどこういう匂いの部屋あるよね」系の匂いです。

私の中では杉元香水もこの系統に分類してますが、あそこまで甘めのまったりした匂いだと夏にはちょっと暑苦しい・・・と思う人もいるかもしれない。

ヴァシリ香水も甘さはありますが、そんなに主張が強くないので季節を選ばずにつけられると思います。

杉元香水は「動」、ヴァシリ香水は「静」なイメージです。(あくまで個人の感想です。)

 

杉元香水同様、最初はちょこっとスパイシーな匂いがします。

やや異国感がありますが、それほどエキゾチック!ではなく、しかも早々に薄れていきます。

そしてふわっと広がる優しい香り。

この香りを表現する香水専門用語がありそうですが、うーん・・・。

杉元香水が草っぽい匂いとすると、ヴァシリ香水は花っぽい、またはお香っぽい匂いとでも言いましょうか。

お花といっても華やかなローズとかではなく、可憐なスズランとかそんなイメージです。

スズランの匂いがどんなかはわからないんですけどね。

 

スナイパーであるヴァシリの香水ということで、がっつり男性向けの骨太の香水の可能性もありましたが、どちらかというとフンフンしてるちょっとお茶目な頭巾ちゃん寄りかなと思います。

思いの外透明感があり、女性でも全然いけます。

ただ、お花かお香かの判定が微妙なので、お若い方がつけるには少し落ち着きがありすぎるかもしれません。

ベンツじゃなくてジャガーに乗ってるマダムがつけてそうな匂いです。(これまたあくまで個人の感想です。)

男性の方だったら年齢問わず使えそう。

若い方がこれをつけていたら、上品な印象を持たれると思います。

 

それにしても、若干の刺激とまろやかさが共存したこの匂い、なんか過去に嗅いだことがある気がするんですよね・・・。

どこだったか、何だったか記憶をたどっていて思い出しました。

高校の美術準備室の匂いです。

木とかキャンバスに染み込んだ油や絵の具の独特な匂い。

そこにちょっと体温のある人の匂いが混じり合い、香りの良い紅茶なんか飲んじゃったりしたらこういう優しく甘い香りがするんじゃないかしら。

・・・もしかしてヴァシリのアトリエってこんな匂いかも。

そこも狙ってこの匂いにしたのだとしたら、プリマニアックスさん凄すぎる!!

 

半分博打みたいな気持ちで購入したヴァシリ香水、至近距離でヴァシリを感じられるし、なによりとってもいい匂いです。

オールシーズン、男女問わず使える香水と思いますので、機会があったらぜひお試しください!

 

 

これまで購入した香水のレビュー

アシㇼパさん、白石、インカラマッちゃん他の香水をご紹介した記事

mimizuku556.hatenablog.com

 

今回比較に多用した杉元香水をご紹介した記事

mimizuku556.hatenablog.com

 

プリマニアックスさん公式サイト

primaniacs.com

 

アニメ第四期放送日決定!

第四期アニメ、いよいよ10月3日(月)放送開始ですね!

しかもアマプラでも見放題で視聴できるとのこと。

ありがたい。

 

関谷の声優さんの加瀬さん、PV観たら全然違和感なく関谷の声でした。

関谷のエピソードは時系列では第三期に該当しますが、スルーだったのでこのままアニメ化されないのかなと思ってました。

関谷が囚人になった経緯、救いがなくて読むのが辛い。

教会に礼拝に行った帰りに事故にあうとか、そりゃその理由を神様に問いただしたくなっちゃいますよ。やり方はともかく。

そんな閉塞感の漂うお話ですが、門倉さんとキラウシのゆる~い掛け合いとか、門倉さんの土方さんへの忠誠心とか、牛山さんの華麗なスケーティングとか、見所もいっぱいなのでもちろんアニメ化は大歓迎です。

門倉さんのジジイっぷりもリアルでいい。

キラウシの「ん・・・ジジイ~!!」が聞ける日が来るとは!

歳を取ると本当に走るの無理なんですよ。

呼吸困難で死にそうになります。

そして本人走ってるつもりなのに息上がるだけで客観的にみたら歩くスピードと全然変わってないっていうね。

これと五稜郭で権利書見つけた時に新八さんと土方さんが目を細めながらちょっと離して内容を確認するシーンは、若い作家さんの漫画ではなかなか見れない描写ではないかと思います。

 

原作だとこのエピソードの前に樺太アイヌの村で逃げた罪人を杉元がボコボコにする話がありますが、私はこれも大好きでして。

これまで散々汚れ仕事をしてきた月島をもドン引きさせる杉元の狂気に満ちた行動。

エノノカちゃんをアシㇼパさんと呼んじゃう唐突な杉リパ。

人殺しを忌み嫌うのはアシㇼパさん個人の考えでもあるけれど、樺太アイヌを含むアイヌに共通する考え方なのだと再認識し、杉元が何を思うのかという最後の横顔。

この振り幅の大きさが杉元の魅力だと思うんですが、アニメは良くも悪くもフラットにしないとだからか、このエピソードはカットでした。

エノノカちゃんが(><)こういう目になるの、観たかったなぁ。

 

 

ヴァシリ戦も楽しみです。

漫画なのに映像観てるみたいだったし、キルモードだった杉元が尾形の肖像画を見てスイッチオフ→ほのぼのお絵描きタイムに突入する流れも最高でした。

アニメではどんな風になるのかしら。

 

ここで杉元がアシㇼパさんへの想いを語るシーン、賛否両論あるって聞いたことありますが、私は変更前でも良かったと思ってます。

「アシㇼパさんが見ている世界にいると思うと自分が綺麗なものになった気がする」なんて、杉元どんだけギリギリなところにいるの!

闇深で勝手な考えかもしれないけど、そう思わなくては自分を保てないほど杉元が苦しんでいるってことなんだと思います。

これを聞いたアシㇼパさんには複雑な表情されちゃってましたが、私は杉元のこういうところも好きなんですよね。

相変わらず杉元に甘い!

でもまぁアニメ観たらまた違う印象になるかもです。

アニメって色々な人の手が入ってるから、ひとりで漫画読んでる時とは違う解釈が見れたり気付きがあったりします。

私は思い込みが激しすぎるんで、たまにそういう新しい風を入れていただけるのはありがたいですね。

 

出会いは物騒でしたがその後再会したヴァシリと杉元の関係、距離感が独特なのでそうなった理由を漫画にしたことあるんですけど(最後にリンク貼っておきます)、ヴァシリと尾形も不思議なご縁ですよね。

決着を着けたいからって北海道まで追いかけてきちゃったヴァシリ。

言葉もわからず、顔の傷も癒えてないのにすごい執念!

私は尾形を救ってくれるのは勇作さんだと思ってたんですが、結局ヴァシリがその役目を果たしてくれたのかなって思います。

できれば尾形には自分の目でそれを見てほしかったですけどね・・・。

 

 

第四期、どこまでやるのかなぁ。

サッポロビール園までやって函館編は映画かな、なんて思ってたんですが、ビール園までの道のり結構長いし、ビール園自体もそこそこボリュームありますよね。

第四期がビール園前までだったとしたら、第五期を期待してもいいのかな?

ここまできてアニメ未完はありえないですからね!

 

 

放送記念の出演者同時視聴会も楽しみです。

観たいお話のリクエストはTwitterからしか投稿できないのでまたしても見学ですが、私はごく一般的な読者なので、おそらく皆さんのリクエストと相違ないと思います。

ラッコ回はやるだろうなぁ。

尾形とヴァシリの対決もありそう。第四期につながる大切な話ですしね。

あとはやっぱりゴールデンシャワーかな。

どの話でも盛り上がること間違いなしなので、何が出ても嬉しいガチャを回す気持ちで配信を待ちたいと思います。

 

 

杉元×ヴァシリ戦後の妄想漫画

mimizuku556.hatenablog.com

 

妄想漫画の続き

mimizuku556.hatenablog.com

ゴールデンカムイ完結記念

ゴールデンカムイ完結記念の白石からのプレゼントの応募ハガキ、ギリギリになりましたが投函いたしました。

あんまり当たる気はしないんですけど、1枚でも多くのハガキが届いたら野田先生が喜んでくれるかもしれないし、当たり前だけど出さなきゃ当たる可能性はゼロですからね!

 

しかしハガキに字を書くのって本当に大変。

野田先生が手書きのファンレターが一番嬉しいっておっしゃっていたので「今回の応募ハガキで練習だ!」と気合いを入れて手書きしましたが、宛名を書くだけで3枚もハガキを無駄にしてしまいました。

せっかちだから字を書き飛ばしてしまったり、一行にうまいこと収まらなかったり、字が躍ってしまったり。

ハガキは間違えた時のダメージが大きいので、あきらめて印刷にしました・・・。

ファンレターを書く時は便せんをたくさん用意して臨もうと思います。

 

デジタルお絵描きはやり直しがきくので本当にありがたいです。

手書きにもアンドゥがあったらいいのになぁ。

 

 

白石からのプレゼントに思いを馳せた記事。

mimizuku556.hatenablog.com

 

アニメ第四期声優発表 海賊房太郎

巻島さん(弱虫ペダル)風房太郎。

この髪色なら鯉登さんより上手に自転車乗りこなせそうです。

 

房太郎って巻島さんになんか似てるなぁってずっと思ってたんです。

髪がロングなのはもちろん、しゅっとしてて手足が長いところとか、まつ毛が印象的なところとか。

弱ペダには関さんも出てたし、ピエール監督は菊田さんを担当される堀内さんなので、これも何かのご縁とまたしても勝手にコラボ。

相変わらずやりたい放題です。すみません。

巻島さん、飄々としつつも我が道を貫いていていいですよね~。

しかしあの髪の毛の色は謎。

一体どういうシステムでああなっちゃうの??

 

声優さんとあわせて房太郎のビジュアルも公開されましたね。

私はコートはキャメルとかの茶色系だと思ってたんですけど、この色の方がステキ!

高級感があって房太郎に良く似合ってます。

しかし改めて罪状を読むと、房太郎悪いなぁ。

「王様になりたい」とか「白石をかばって」とかの印象が強いけど、杉元をスコップで殴ったりもしたんでした。忘れてた。

 

房太郎の声優さんが関さんと聞いて、私が真っ先に思い浮かべたのは高橋弟(頭文字D)でした。

例えが古いのはいつものことですが、関さんには今だったらパンダ先輩とかスネ夫とかいっぱい代表作あるのに、なんで高橋弟?

やっぱあれかな、ビール工場でドリフトを披露してくれたり効果音の描写がイニDだったからかな。

そう思うとあの宣伝カーの曲線がセブンに見えないこともない気がしてくるから不思議。

・・・え?もしかしてイニDへのオマージュで関さんなの?!

いやいやそれはさすがに妄想が過ぎるか。

 

高橋啓介は感情むき出しのやんちゃキャラだったけど、あれももう20年以上前の作品なんですね。

他にとなると宮田くんとか相良宗介とか千秋先輩なんですが、こちらはみんな割と感情抑えてる系。

どんな房太郎になるのかなぁ。

いずれにしても、小林さんとのイケボ対決になることは間違いない。

うーん楽しみ!

 

房太郎も金塊争奪戦名場面選手権に不参加でしたが、私が好きなのは山林で白石と話すシーンです。

白石に髪の毛が流れてるのにお互い全然気にする様子なく話続けるやつ。

野田先生のこういう描写、妙に色気があってたまんないですね!

アニメ第四期声優発表 有古一等卒

有古の声優さんは水中さんとのことなので、場地さん(東リベ)との共通項、ロン毛を結んで有古へスイッチ。

胸毛がくるくるしてるので髪の毛もくせっ毛なんじゃないかと思って描いたんですが、若干ソフィアっぽくなってしまった・・・。

 

有古ってセクシーですよね。

寡黙なとことか胸毛とか濃い眉毛とかパツパツのシャツとか、谷垣と通ずるものがあるけれどまたちょっと違った色気があって。

その魅力のひとつがこのロン毛なのではないかと思うのですが、これは軍的にはOKだったのかな?

有古は一等卒だから髪型自由ってことはなさそうなのに、アイヌの人はわりとみなさん髪の毛長めだから文化的な観点から許されていたのか、規律を守っていないのか。

有古のアイデンティティだったかもですが、後ろのお団子は軍帽被る時邪魔だったでしょうね。

 

個人的には、トニさんを銃を撃ちながら追い詰める時、片目しか見えない構図なのがめちゃくちゃクールで好き。

薬莢を装填する時、みんな「ジャキン」なのに、「チィィン」っていうのも洗練された感じがしてかっこいい!

 

そんな有古ですが、各陣営を渡り歩くもんですから鶴見さん派なのか土方さん派なのか菊田さん派なのか未だにわかんなくなる時あるんですよね。

アニメ観て復習しよう。

しかし鶴見さんが有古を追い込んでいくシーンは怖かった。

これがあったので、鶴見さんはアイヌのために金塊を役立てようとかあんま考えてないんだろうなと思ったんでした。

宇佐美のいかれ具合も強烈だったし、この辺はハードなパートになりそうです。

有古の子ども時代出てくるかな。

絶妙にふてぶてしくて、緊張感のある展開の中、きっと箸休めになりますね。

 

図録で、野田先生が有古と谷垣をもっと絡ませたかった、お風呂入ったり殺し合ったり・・・って物騒な言葉も織り交ぜながらお話されていましたが、私も有古のストーリーもっと読みたかったです。

谷垣と有古があやとりしてる絵があったけど、軍にいた時の谷垣はもうちょっとスリムだったはずだからあれは野田先生の見せてくれたスピンオフだったのかもしれないですね。